banner

不衛生と呼ばれる原因


包茎といえば、「不衛生」「汚い」「くさい」とマイナスイメージばかり。
包茎だと、皮の内側に垢が溜まってしまいます。垢だけではありません。尿や服の繊維など。
他にも色々と皮の内側に溜めていくのです。そこに水が入ると最後には発酵していく。
それが匂いを放っていく。また、これは病原菌の温床になったりして、非常に不潔。
また、皮と亀頭の癒着を引き起こしたりして、非常に汚いイメージが付きまといます。
逆に言えば、包茎であっても垢や尿など、皮の間に溜まったものを毎日落としていれば清潔に保てます。
皮を剥いて水・石鹸などでしっかりと洗浄すること。清潔に保っていれば、不潔にはなりません。
また、垢が溜まるのは、包茎でなくても同じです。この状態であっても、洗っていないと結果的に、汚れ、垢がたまり、匂いを放つようになってくるので要注意。寧ろ、手入れをしない分酷い事も。
だからこそ、問題なのは、剥けない事。つまり、剥けないと直に触れず、洗えない。
特に、真性包茎。仮性包茎でも、包皮口が狭いと、奥まで洗うことができないことも多い。
結果として、汚れが落とせずに、そのまま放置。そして、臭いを放ち、臭くなっていくと言うのです。
以上が、包茎が不潔、不衛生と呼ばれる原因です。
ちゃんと汚れを落としていれば、このように言われる事も、本当はない、はずですが、付きまとうのは、汚れが落ちていても同じです。一刻も早い改善が求められます。

早漏は心因性の問題


包茎=早漏というイメージが、すっかり定着していますが、実際は関係ありません。
そもそも、包茎は肉体的な問題であり、早漏は心因性の問題でありまったく関係ありません。
それに、そもそも一般的に言われている、早漏というのは、まったく異なります。
一般的には、性持久力がなく、直に射精してしまう事と捉えられていますが、これは単に陰茎の問題。
早漏とは言いません。本来の早漏というのは、神経系の異常なので、包茎を改善しても治りません。
本来の早漏というのは、刺激→快感→脳内→射精というプロセスを辿る神経伝達が、刺激→快感→射精→脳内というルートを辿ってしまう事です。つまり、刺激に対して反射的に射精してしまう。
これが早漏と呼ばれる症状であり、性持久力がない事は、そもそも早漏とは言いませんので注意です。
よく言われる、性持久力のない早漏と、包茎は、関係があるといえなくもありません。
亀頭が皮に覆われていると、普段下着などと擦れあいません。そのため、外部からの刺激に弱く、すぐ絶頂に達してしまう。
確かに性器の感覚が鋭敏であると、刺激に対して、非常に弱くなりますので、その分絶頂も早くなってしまうのです。
それを亀頭を露出させるように、包茎手術を行う。結果として、最後には刺激に強くなるということなのです。
刺激に強くなれば、絶頂に達するまでの時間が長くなる。性持久力が付くという事なのです。
包茎治療の広告などには、包茎手術をしたら早漏が治る、というような宣伝文句が書いてあることも。
但し、あくまでも早漏は心因性の反射の問題であって、包茎を手術しても、意味があるとは限りません。
よく注意しておきましょう。
包茎の比較サイト:http://hou-kei.jp/

http://www.abc-clinic.info/
包茎手術、包茎治療ならABCクリニック
Copyright(c) 2013 包茎手術と症例 All Rights Reserved.